骨董やアンティークの買取なら
title

毎日楽しいものにしてくれる骨董品との付き合い方

一定の評価がありかなりの値段がつくようなものには贋物が出てくるというのが骨董品の世界です。これに騙されてしまうというのは素人に限ったことではなく、ベテランの骨董品商でもいくらでもある話といわれています。骨董品を生涯の趣味として極めたいとか、骨董品商になろうというのであれば話は別ですが、あまりにも高次元の本物を求めていくよりも、毎日を明るく楽しいものにしてくれるような付き合い方をするのが無難です。骨董品を愛することは、ものの美しさを愛でることが一つありますが、もう一つはそれを生み出した職人の心に敬意を払って愛するということもあげられます。 純粋なものづくりに徹していた昔の名もないつくり手の透明な心がものの美というのを生み出していくのです。贋物にはそれをつくらせた者やお金儲けをしようとつくったものの曇った心がうつっているので、本物をたくさん見てふれて積み上げてきた見分けるセンサーで鑑定できるようになれば、経験という財産が二度と同じ間違いをおこさないので毎日が楽しくなります。